眠っているをあなたの「自分らしさ」をスイッチオンにする


新・カフェラテ

 

人はそれぞれこの世の中で
何かを表現・体現するために
生まれてきたのだろうなと思っています。

それが自分らしさです。

さて、私としては何歳になっても
ユニークさを持ち続けたい方です。

「これを子どもに見せたら、どんな顔するかなー」
と、かなりくだらない想像もしています^^;

実際に「笑い」は
最高のクスリとも言われているのも
ご存じのところですよね。

でも「笑い」だけがクスリではありません。

感動・感謝・喜び・祈り
前向きな心の持ち方も

さまざまな眠っている遺伝子を
スイッチオ ンにさせるのだそうです。

思考と心と身体は一体ですね。

それは自分の中が一つになっている
統合された感覚。

まさに自分らしさが
スイッチオンになる状態です。

 

でもそうは言っても生きていれば病気にもなるし
ネガティブな気持ちにもなる・・・

こんな言葉があります。

 

すべての病気は 回復過程である

すべての病気は

経過のどの時期においても

多かれ少なかれ回復の経過とも言えます。

つまり「病気」とは

害毒や衰弱から立ち直ろうとする

「自然な努力」なのです。

   フローレンス・ナイチンゲール

 

これは彼女の厳しい医療体験から生まれた
誠の言葉なのだと思います。

ネガティブな気持ち
一見に負に思える体験も

「自分らしさ軌道修正スイッチ」
そのものなんですね。

 

私たちの心の中にはいつでも
自ら生命力を向上していくことも

幸福度を高め、自分らしさを発揮できる

そんなスイッチをもっていることを
忘れないでおきたいものですね^^

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL